2014年12月

感情労働

2014年12月16日 火曜日

今月は、もめごと系の仕事が多くて、その種類もバラエティに富んでいます。

やっぱり、年末はいろいろとその年にあったトラブルをスッキリしたいという心情が

あるんでしょうね。

守秘義務の関係上、詳しくは書けないのですが、ざっと、こんな感じです。

1 示談案件 2件

2 裁判書類作成案件(民事調停、家事審判など) 3件

この手の仕事は、とても神経を使います

司法書士の仕事は、相談者の法律上の困難だけでなく、その背後に潜む生活上の苦労や境遇、

様々な感情に直接触れるので、ストレスがより高い環境に置かれる一種の「感情労働」と言うそうです。

ちなみに、体力を使う労働を「肉体労働」、アイデアなどを提供する労働を「頭脳労働」と言うのに対し、

ある学者さんによると、感情の抑制、鈍麻(どんま)、緊張、忍耐などを不可欠とする労働を、「感情労働」と

言うそうです。(月報司法書士11月号より一部抜粋。)

そして、仕事に追われるうちに、精神的に消耗し、「心のバランス」を保つのが難しくなると言われています。

要は、ストレス解消がいかに大事かってことなんですよね。

 

不動産の相続、売買、離婚等による名義変更等の登記手続、遺言書の作成、抵当権抹消

入間市、飯能市、狭山市、所沢市、ほか全国対応 司法書士 彩の森事務所

 

 

年末年始の営業のご案内

2014年12月11日 木曜日

平素より格別のご愛顧を賜りましてありがとうございます。

今年も、早いものであっという間に、年の瀬となりました。

弊所の年末年始の営業は、下記の通りとなりますのでご案内申し上げます。

          記

年内の営業 12月26日金曜日まで

年始の営業 1月5日月曜日から

                  以上

 

不動産の相続、売買、離婚等による名義変更等の登記手続、遺言書の作成、抵当権抹消

入間市、飯能市、狭山市、所沢市、ほか全国対応 司法書士 彩の森事務所

司法書士が主役です

2014年12月3日 水曜日

司法書士の仕事をやっていると、世間一般には司法書士と行政書士の違いが分からない

方が多いのを実感します。

一昔前、行政書士を主人公にしたマンガやテレビドラマが流行ったため、

行政書士の認知度が一気にUPしましたが、司法書士は、・・・。

なんと、司法書士を主人公にしたドラマが来年の1月からスタートするそうです

(田中圭という俳優さんが、主人公の司法書士だとか。)

弁護士さんを扱うドラマは、世の中あふれかえっていますが、

地味な仕事が多い司法書士で、ドラマになるのか?という気もしますが、

今から待ち遠しい限りです。

そういえば、中村玉緒が、消費者金融の社長で、なぜか司法書士もやってる、みたいなドラマが

昔あったなー。

 

 

 

夢ではないマイホーム

2014年12月1日 月曜日

最近は、入間市及びその周辺の不動産は、供給過剰で「値下げをしても売れない」という話を

よく耳にします。

一方で、いわゆるパワービルダーと呼ばれる某建売業者は、年間3万6千棟もの新築建物を

分譲しているそうです。

そういえば、私の知り合いパワービルダーの方が、「毎月の販売ノルマが厳しくて、値下げに次ぐ

値下げをして、どんどん売らなければならない」といったことを言ってました。

結果として、都内近郊の新築分譲建物の価格は、相場がかなり低下しているそうです。

(あるニュースによると、土地付きの新築戸建て住宅で2000万円を切る物件数は、現在、

千葉県、埼玉県、神奈川県、東京都を合わせて約1500件ほどあるうですが、2004年には、これが

100件前後だったそうです。)

ところで、いわゆる空き家問題も耳にして久しいですが、あるニュースによると

2013年の日本の空き家数は820万戸で空き家率は13.5%だそうです。

ここで、ふと思い出したのが、少子化による大学進学率の増加です。

つまり、子どもが減る一方で、大学は増えた結果、希望すればどこかしらの大学に入れる時代になりましたが、

マイホームも、条件等にこだわらなければ、気軽に購入できる時代になりつつある、ということでしょうか。

法科大学院は、乱立された結果、淘汰されつつありますが、大学も今後ますます淘汰されていくんでしょうね。

ということは、・・・。

そして、今後ますます空き家が増え、・・・。

いろんなところで、少子高齢化を感じる今日この頃です。