2014年1月

今月の動向

2014年1月15日 水曜日

消費税増税前の駆け込み需要でしょうか。

不動産取引が活況の様子です。

うちの事務所にも不動産決済の立会い依頼が結構ありまして、

今月は15件位になりそうな感じです。(普段は10件前後)

その他は、相続登記3件、会社設立3件、成年後見人申立1件、裁判1件…,etc.です。

遺言があるが故のトラブル

2014年1月15日 水曜日

よくある遺言に関するトラブルの相談です。

「兄弟姉妹のうちの一人である長男Aが親と同居し、老後の親の面倒をみていた。

Aは、他の兄弟姉妹が知らない間に、その親に、『遺産の全てを、Aに相続させる』という内容で

遺言を作らせていた」というもの。

このような遺言書が、親の死後に出てきた場合、ほぼ間違いなくトラブルになります。

そして、延々と争ったのち、Aと他の兄弟姉妹との間においては絶縁状態になり、

次世代以降にわたって怨磋が引き継がれていくことになります。

そもそも、遺言書とは、相続に関するトラブルが生じないように作成するものなんですが、

遺言があるが故に、深刻なトラブルになるケースです。

背景には、親の面倒をみていたAが、「それに見合うだけの財産が欲しい」と

判断能力の衰えた親に遺言を書かせる、といった事情が大体共通しています。

そもそも、判断能力の衰えた状態で作成された遺言書は無効なのでは?という議論の余地も

あるのですが、裁判で遺言書の有効性を覆すのは、至難の業です。

結局、A以外の相続人は、遺産分割調停で遺留分(相続人としての主張できる最低限の取り分)を

主張していくことになります。

 

 

 

謹賀新年

2014年1月6日 月曜日

さて、年が明けて、本日6日から営業を開始いたしました。

本年もよろしくお願いいたします。

今年も、「1件1件、心を込めて丁寧に」を心がけたいと思います。