感情労働

2014年12月16日

今月は、もめごと系の仕事が多くて、その種類もバラエティに富んでいます。

やっぱり、年末はいろいろとその年にあったトラブルをスッキリしたいという心情が

あるんでしょうね。

守秘義務の関係上、詳しくは書けないのですが、ざっと、こんな感じです。

1 示談案件 2件

2 裁判書類作成案件(民事調停、家事審判など) 3件

この手の仕事は、とても神経を使います

司法書士の仕事は、相談者の法律上の困難だけでなく、その背後に潜む生活上の苦労や境遇、

様々な感情に直接触れるので、ストレスがより高い環境に置かれる一種の「感情労働」と言うそうです。

ちなみに、体力を使う労働を「肉体労働」、アイデアなどを提供する労働を「頭脳労働」と言うのに対し、

ある学者さんによると、感情の抑制、鈍麻(どんま)、緊張、忍耐などを不可欠とする労働を、「感情労働」と

言うそうです。(月報司法書士11月号より一部抜粋。)

そして、仕事に追われるうちに、精神的に消耗し、「心のバランス」を保つのが難しくなると言われています。

要は、ストレス解消がいかに大事かってことなんですよね。

 

不動産の相続、売買、離婚等による名義変更等の登記手続、遺言書の作成、抵当権抹消

入間市、飯能市、狭山市、所沢市、ほか全国対応 司法書士 彩の森事務所

 

 

コメントは受け付けていません。