そういう時代なのでしょうか

2011年11月5日

時代を反映してでしょうか,最近行方不明になった人に関する手続の依頼を立て続けに受けました。

1件は,失踪宣告の申立てで,もう1件は行方不明者に対する裁判手続です。

もちろん,行方不明になった本人にはそれだけの事情があったのでしょうが,残されたご家族の話を聞くと胸が痛くなります。

今後は,行方不明者に関する案件や,相続人が誰もいない場合の相続案件などが増えそうな気がします。

コメントは受け付けていません。