2013年5月

子が親よりも先に死亡した場合

2013年5月24日 金曜日

相続に関する相談の中で意外に多いのが、「子が親よりも先に死んでしまった」ことにより

生ずる問題です。

たとえば、長男の生前、

・親が長男のために住宅資金を援助したり、

・二世帯住宅を建てたり、

・長男とその親が同居していたり

することは、よくあることですが、

ここで、「長男が、親よりも先に死亡してしまった」とします。

このような場合において、

①長男の相続を契機として生ずる親族間の問題

②長男の死亡後、その親が死亡した際に生ずる遺産相続の問題

が、しばしば生じます。

①について、

長男に子がいれば、その子と妻が相続人となり、遺産相続しますが、このような場合には

概ね次のようなケースに分かれます。

(1)親の側の心情として、「自分は長男を跡継ぎとして思っていたからこそ、いろいろと資金援助などを

してきたが、長男が死亡した以上、その嫁には家から出て行って欲しい」というケース

(2)長男の妻の側の心情として、「長男には他にも兄弟がいるのに、これからも私が長男の

親の面倒をみなくてはならないのか」というケース

いずれのケースにおいても、長男の遺産が、親と同居している家の場合には、自分の住みかが

どうなるのか、ということも関わってくるので、感情的にこじれてしまいがちです。

②について、

次に、子の死亡後に、その親(特に問題となるのが父親)が亡くなった場合です。

たとえば、「長男Aが死亡し、次にAの父Bが死亡した。父Bの相続人が、Bの妻C,長男Aの子D(代襲相続人)、

Bの長女E(AとEは兄弟)である」とします。

このような場合に、長女Eの心情として「親Bは、お兄ちゃんにばっかりお金をたくさん出してあげたから、

今度は、私がたくさん相続したい」とか「Aの嫁の側であるDには遺産を相続させたくない」ということで、

感情的にこじれてしまうことがあります。

ここで、やはり主たる遺産が不動産で、しかもそこに父Bの妻Cと、Aの妻とその子Dが住んでいたりすると、

さらにややこしくなります。

以上のような問題が生じた場合、法律的に云々というよりも感情の方が先行してしまうので、

当事者全員が満足・納得するように解決することは、とても困難です。(なので、法律的に

こうなるという話は省略します。)

事前に対策しておくことが、一番大切なのですが、「子が親よりも先に死ぬ」ということ自体、あまり

ありませんので、事前の対策も取りづらいところです。

ただ、少なくとも、

1 自分が家を建てる時や重篤な病気になったことなどをきっかけに、

 自分が死亡したときの相続人は誰か?その時にもめごとが起こる可能性はないか?

2 家を建てるときに、二世帯住宅にしたり、親から資金援助を受ける場合には、

 世間では相続や離婚の際にもめごとになることがあるが、

 自分の場合にもめる可能性がないか?

を考えてみることが必要なのではないかと思います。

 

 

 

不動産の相続、売買、離婚等による名義変更等の登記手続、遺言書の作成、抵当権抹消

入間市、飯能市、狭山市、所沢市、ほか全国対応 司法書士 彩の森事務所

 

 

従前地分筆

2013年5月14日 火曜日

 最近の実務の事例から,以下備忘録として。

昔は,区画整理地内の仮換地指定がなされている土地について,分筆登記をすることができませんでしたが,

現在では一定の要件を満たせば可能です。(いわゆる従前地分筆)

区画整理地内の土地を分筆後,所有権移転登記をする場合には,登録免許税の計算がややこしい

ので,ここで整理しておきます。また,この場合,仮換地通知書(又は仮換地証明書)を添付しなければ

ならないので要注意。

たとえば,分筆前の土地Aについて

登記簿では地積が200㎡,評価証明書では地積が100㎡ 50,000,000円となっているとします。

(この額は,指定された仮換地100㎡の評価額)

これを土地Aと土地Bに分筆して,土地Bを所有権移転する場合の登録免許税の計算をしてみます。

まず,仮換地通知書(又は仮換地証明書)により,分筆後の仮換地の㎡を確認します。

ここで,分筆後の仮換地が,土地Aは60㎡,土地Bは40㎡となっているとします。

次に,分筆前の仮換地の㎡単価を算出します。

50,000,000円÷100㎡=500,000円

そして,B土地の仮換地の㎡をかけます。

500,000円×40㎡=20,000,000円

あとは,これに税率(現行では,土地の売買の税率は1.5%)をかければOK。

 

 

 

今しかないでしょ!

2013年5月6日 月曜日

プライベートの話です。

久しぶりにまとまった休みが取れたので、家族サービスで軽井沢に行ってきました。

日本人の休暇は、「混んでいるときに、高い料金で、疲れに行く」ことが定番ですが、

自分も初めて実践しました。

だって、「旅行にいつ行く?」って、聞かれたら、GWの「今でしょ!」というか、

「今しかないでしょ!」って、感じですから。