取らぬ狸の…

2013年10月4日

消費税UPが決まりましたね。

雇われて司法書士をやっていたときには、消費税について気にするのは、何か大きな買い物を

するときぐらいでしたが、自分で事務所をやっていると話は別です。

個人事業者の場合、売上げが1000万円を超えると、その翌々年から消費税の申告納付義務が

生じます。

収入ではなく、経費等控除前の売上げが1000万円を超えると消費税の課税事業者となるので、

思ったより簡単に1000万円は超えてしまうものなんですね。

ところで、最近、不動産業者の方がおっしゃっていたのですが、「消費税が上がる前に家を買おう」という方が

多くて、最近は不動産取引が増えているそうです。

ここで、

・土地の取引(その土地の所有者が個人か事業者を問わない)

・個人が所有している中古物件の取引

の場合には、消費税はかからないので、不動産の中古物件の仲介を主にやっている業者が活況

とは、「ん?」と思ったのですが、どうやら「高価なものは消費税が上がる前に」という消費者心理が

働いているようです。(仲介手数料や司法書士手数料は、消費税がかかりますしね。)

あと、これから家を購入する予定の方は、平成26年4月以降に変更される住宅ローン減税についても

考慮した方がよさそうです。

住宅ローン減税とは、ローンを組んでマイホームを買うと、納めた所得税や住民税の一部または全額が戻ってくる

制度なんですが、個人としてかなり節税効果が高い制度です。

住宅ローン減税は、消費税が上がる平成26年4月からさらに拡充される予定です。

消費税率が8%になって住宅価格が上昇しても、ローン減税の拡充により、

年収によっては、価格上昇分を上回る減税を得られるという試算が出ています。

一方で、住宅ローンを組もうとすると、その利率が今後どうなるのか(今よりも低くなることはないのでは)

などと考えると、もうきりがないですよね。

結局は、皮算用と言ったところなんでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。